忍者ブログ
こころに性別がない、とあるひとりの人間の日記。 まずはcautionの注意書きをご一読ください。
* admin *
[4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やっぱり、寒い日にはラーメンですよね。

今日もサークルの帰りに男友達と飲み…ではなくラーメンをば。結局先日と同じメンバーでした。
4人掛けの席に6人座るのは無理ですねwみんな女の子だったら座れただろうけれど。
この前までは女の子と食事に行くことが多かったので、何というか周期のようなものがあるような気がします。そういえばそのまた前は男とばかり絡んでた気がする。

最近は食が細って、ラーメンいっぱいすら満足に食べられません。しかも1日1食。こりゃまずい。
また栄養失調で病院にいくのはごめんですw

サークルといえば、もう四年生は卒業になるので、先日サークルのお別れ会的なものがありまして。
打ち上げの飲み会でひさびさに女の子ばかりに囲まれて飲んでいたらサークル1愛らしいと思われる先輩とサークル1不思議系の先輩に「彼氏になってほしい!」と告白(?)されまくりました。相手も冗談半分だったので「その手のことに興味がないんで」と笑い話に持ち込みましたが、中学生のときのバレンタインの悪夢がよみがえって冷や汗かきました…。
男集団に混ざりにいこうとしたら、いつの間にか半分以上死んでいたのでやめてさまよっていたら、麗しいOBからお呼ばれしてまったり地帯へ。
そのOBさんはトランスなので、同じものを感じてかなにかとよく話しかけて下さるので、飲み会終了までまったりできるかと思いきや、その方目当てに結局女の子でいっぱいになっていて何がなんやらでした。

トランスといえば。

大学で来年はジェンダー論でもとってみようと少し考えていたら、どうやらジェンダー論者って女性が多いとか聞きました。
もともとジェンダー云々は女性の機会均等とか、社会的地位に絡んで発展したところが大きいからですかね。それを思うと、男性がジェンダーについて熱烈に議論する…というのは珍しいんでしょうね。まあ聞いた話なんではっきりしたことでもないんですが。
私から見ても「ジェンダー論」ていうのは、女性中心主義的な意味合いが否めない。メディアで取り上げられるのはたいてい女性だということもあるし、そういう意図のもと引き合いに出されることが多いし。
けれども「ジェンダー」自体はそんなものじゃない気がします。先述のOBさんがトランスなわけですが、肉体は男性だけれども、女になりたいわけでもなく男でありたいわけでもない、ということを聞いたことがあります。まあ私とほぼ一緒です。それは社会的な地位に関わることだとかそういうものではなくて、精神的な面につけられてる性別というカテゴリーの話なんですよね。
ジェンダーというのは、本来そのカテゴリーのことなのに(と私は思います)、メディアで取りざたされるときあたかもジェンダーは社会的地位や権利の平等に直結するみたいに言われてると思います。

ネットを渡り歩いてると、ジェンダーやAセク、ノンセクなどの意味を取り違えてる、誤解しているひとが多い気がするんです。そうやって混乱してる掲示板やブログでの論争が、なんだか奇妙です。
こんな状態だからきっと、セクマイに関する理解や認知が甘くなってしまうよう思えてならないです。


えらそうなこと書いてる気がし始めたのでコレくらいにしますが…。

でも!
きょう見てしまった某掲示板の書き込みには流石にショックを受けたので…
Aセクのことをよく知らないひとが、
「Aセクって、男にも女にも興味がないってことはつまり男も女も人間自体嫌いってこと?」
とかそんなような書き込みをしていたのを見て、そんな風に思われてしまっているんだなあ、とショックで。
やっぱりちゃんと知った上で書いてほしいですよね、こういうのは。


気づけば午前3時。もう寝ます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME NEXT
profile
□たからだなをき

□ノンセクシャル
□大学生
□神経質なO型
□もやし体型
□菜食者

はじめにお読みください
calender
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
latest comment
latest trackback
search in blog
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: fallacy All Rights Reserved